履歴書・職務経歴書の書き方・英文履歴書

英文履歴書の作成ポイント

英文履歴書は、日本の履歴書と異なり、履歴書と職務経歴書双方の機能を1つで担います。特に決まったフォーマットはありませんが、以下4点は気にかけましょう。

  • 1枚にまとめる。多くても2枚まで
  • フォントはTimes New RomanかArialの使用が一般的
  • I/Youは使用しない
  • 主観的な表現は入れず、謙譲もせず、自分の技能・セールスポイントをアピールするよう心がけましょう。
英文履歴書の書き方

個人基本情報

  • 名前は大きく見やすく
  • 連絡先は電話番号やEメールアドレスなど、連絡のつきやすいものとする

応募職種

  • 応募職種/対象を記入
  • 応募対象が明白な場合は省略、もしくはPersonal Summaryに変更も可能

職歴

  • 原則、新しい職歴から順に遡って記入
  • 成果や実績はなるべく数値で表す

学歴

最終学歴の他、関係ある学歴を記載

スキル/資格

PCや英語力などのスキルや資格を記載

興味関心

  • 応募ポジションに関係することを記載
  • 特筆すべきことがなければ割愛も可

マンパワーグループの転職サポートでは、非公開求人情報のご紹介はもちろん、長年にわたる求人企業との取引のなかで蓄積された企業情報や社風、求める人物像の傾向をお伝えすることができます。

無料!転職サポートへ登録

最新の求人から
貴方に最適なものをご紹介

正社員転職サポートエントリー 無料

  • U・Iターン転職サポート
  • 履歴書・職務経歴書の書き方
  • MyStyle ~ワタシらしく働く~ 女性の活躍・両立支援
  • 障がい者就職支援 多くの方々に就業機会を提供いたします!