転職成功バイブル

転職活動をする上で、知っているようで知らないことは意外と多いものです。
最新の転職事情に合わせた履歴書・職務経歴書の書き方、自己PRや業界研究など、転職成功の秘訣がここにあります。

もしあなたが転職を考えているのなら、なんとか余裕をもち、カウンセリングを受けることをお勧めします。余裕とは、金銭的、精神的、時間的な余裕のことです。まして人間関係や職場環境に問題があって転職を考えているのであれば、なおさらです。しかし、その状況であっても、私はあえて、できる限り余裕を創り、カウンセリングを受けることをお勧めします。その理由を書きます。

営業職は、自分の仕事の成果が分かりやすく、給料面のアップも見込める職種のため、転職を検討している方も多い職種といえるでしょう。しかし、営業職が未経験の場合、適正やこれまでの職務経験を活かせるのかどうかなど、わからない点もあるかもしれません。そこで、本記事では、営業職の種類やメリット、転職しやすい業界、求められるスキルなどを解説しています。

転職活動においては、せっかくであれば光る自己PRで自分自身を最大限にアピールしたいですよね。では、どのように自己PRをすれば良いのでしょうか。この記事では、人と差がつく自己PRの作り方や自己PRのポイントを書類と面接ごとに解説しています。また、自己PRに役立つ例文も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

転職したいと思っても迷いがあり、相談したりアドバイスを受けたりしたいということもあると思います。転職に限らず、悩みの解決のため、相談やアドバイスを求めることは自然な心理です。もしかすると、ネットで検索をしたりすると似たような悩みを持った、共感できる人も見つかるかもしれません。ここでは、そもそも転職の相談やアドバイスを受けることに意味があるのかという根本的な問題まで、掘り下げて考えてみたいと思います。ただ、初めに私の結論から言えば、この設問に対する答えはない、ということになります。つまり、意味があるかどうかを決めるのは、あなた自身であり、答えも本当はあなた自身がすでに持っている場合がほとんどであるからです。具体的なケースをいくつか考えてみましょう。

あるサイトの調査によると、転職について9割の方はだれかしらに相談していますが、1割は誰にも相談しないそうです。相談レベルがどの程度なのかは不明ですが、相談相手の過半数を占めるのは家族や友人であり、次が転職エージェントの17%、そして同僚、上司という順番になっています。この順番は、私としてもうなずけます。最近、ネットや書籍で転職に関する相談や悩みについて調べていますが、ほとんどの記事は相談ありきで話が始まっています。しかし私は、そもそも相談をしないという1割強を占める方たちに非常に興味をもちました。転職の相談をしない方たちには、必ず理由があると思ったからです。

最新の求人から
貴方に最適なものをご紹介

正社員転職サポートエントリー 無料

  • U・Iターン転職サポート
  • 履歴書・職務経歴書の書き方
  • MyStyle ~ワタシらしく働く~ 女性の活躍・両立支援
  • 障がい者就職支援 多くの方々に就業機会を提供いたします!