仕事のストレス解消法とは 男性にも女性にもおすすめ!
簡単ストレス発散法を紹介

仕事 ストレス解消

仕事でストレスを感じている方は、とても多いです。適度なストレスは仕事に張りを生みますが、過度なストレスをそのままにしておくと、心身に影響がでます。そのため、適切に解消することが大切です。

本記事では、ストレスを感じやすい方の特徴から、オフィスでできる簡単解消法まで紹介しています。ストレスに悩む方はぜひ参考にしてみてください。

ストレスは仕事で溜まりやすい

ストレスを感じるシーンはさまざまですが、特に仕事はストレスの原因となる要素がたくさんあります。たとえば、人間関係。学生時代と異なり気の合う仲間だけではなく、上司や同僚、取引先といった、あらゆる関係の方たちと付き合う必要があるため人間関係に大きなストレスを抱える方は少なくありません。

ほかにも職場環境や、慣れなかったり重責の仕事そのものをストレスに感じたりすることもあります。さらには、残業が多いなどで十分な休息が取れておらず、疲労が溜まることもストレスの原因になります。

ストレスを感じやすい人の特徴と対策

同じ仕事や職場環境でも、ストレスの感じ方は人によって違います。ストレスを感じやすい方の特徴と対策について解説します。

完璧主義

何事も完璧に仕上げようとする完璧主義の方は、自分だけでなくほかの方に対してもハードルを上げてしまいます。そのため、自分のミスはもちろん、ほかの方のミスにもストレスを感じやすいです。

完璧主義の方がストレスを感じにくくするためには、目標を下げ、「これくらいでも大丈夫」と思える心の余裕をもつことが大切です。自分のミスはもちろん、他人のミスに対しても寛容になれるため、ストレスを感じにくくなるでしょう。

せっかち

せっかちな方は、自分とほかの方の仕事のスピードが合わず、イライラしてしまうことが多いため、ストレスが溜まりやすいです。

ストレスを溜めないために、同僚や上司など、周りの方と十分にコミュニケーションをとることを意識しましょう。作業が遅い方に対して仕事の仕方のアドバイスをしたり、余裕をもったスケジューリングを共有したりして、慌てる必要のない状況を作っていくことが有効です。

負けず嫌い

負けず嫌いな方は、自分の成功やライバルの存在が仕事のモチベーションにつながります。その半面、ほかの方の成功や自分の失敗に対しては「悔しい」という強い気持ちが起きてしまい、ストレスを感じやすい傾向があります。

他人の成功や評価を気にすると、ストレスはたまる一方です。負けず嫌いの方は、「他人は他人、自分は自分」と割り切り、周りを気にせず自分の仕事に集中すると、ストレスを感じにくくなるでしょう。

自己主張が苦手

自己主張が苦手な方は、仕事で意見したり、相談したりすることが苦手なため、一人で悩みを抱え込みやすいです。その結果、少しずつストレスを溜め込んでしまいます。

日常生活の細かいことなら自分の意見を隠しても問題ありませんが、円滑に仕事を進めるには、周りに自分の意見をはっきりと伝えることも重要です。仕事では、少しずつでも自分の意見を出すようにしてみましょう。

心配性で周りの目が気になる

心配性で周りの目が気になる方は、つねに誰かに見られていると感じ、自分をよく見せようとしてしまいます。その結果、周囲が働いているなかでは、自分の仕事が終わっても帰りづらく感じてしまうなど、つねに自分の評価を気にしてストレスを溜めやすいのです。

ストレス軽減には、自分がどう見られているか、評価されているかを客観的に知ることが有効です。身近な先輩や上司に相談したり、自分の評価を聞いたりしてみましょう。

おすすめのストレス解消法

仕事でたまったストレスは、適度に解消しないと、心身に悪い影響を与えます。おすすめのストレス解消法を紹介しますので、仕事のストレスを上手に解消しましょう。

睡眠をしっかりととる

ストレスが溜まったときの解消方法として睡眠を選ぶ人は多いです。睡眠が不足すると、その日の疲れも解消できず、ミスが多くなったり、考えがまとまらなかったりと、ストレス要因を生み出す原因にもなります。

夜更かしはせずできるだけ早く寝るなどして、十分な睡眠でオンオフの切り替えを行いましょう。

美味しいものを食べる

ただお腹を満たすのではなく、美味しいものを食べることも大切です。特に、仕事中のランチは重要です。毎日急いで適当に済ませていると、健康にもストレスにも悪影響があります。

仕事の間のランチは意識的にゆっくりと時間をかけて美味しいものを食べ、仕事を頑張っているご褒美にすることでストレス解消にもなります。

旅行へ行く

仕事のことばかり考えてしまう日常から離れることも、ストレス解消に有効です。初めての体験がたくさんあり、非日常の経験ができる旅行は、心身のリフレッシュになります。

さらに、旅先での新しい出会いや経験から、職場のストレス解消の参考になる点を見つけられる可能性もあります。

体を動かす

体を動かしているときは目の前のことだけを考えられるため、リフレッシュに効果的です。さらに運動して体がつかれることで、深い睡眠にもつながります。翌朝すっきりと目覚め、爽快な気分を味わうことができます。

気の置けない人と話す

家族や友人などと、世間話やたわいのない会話など仕事とは関係のない話をすることで、心のリフレッシュができます。また、聞き上手な相手なら仕事の相談をしてもよいでしょう。自分の考えを話すことで、頭が整理され、ストレスの解決方法を得られる可能性もあります。

職場でできる!ストレスを溜めない方法

ストレスを解消することも大切ですが、ストレスを溜めないようにすることも重要です。職場で簡単にできる、ストレス対策法を紹介します。

Todoリストをつくる

任されていた仕事の段取りがうまくいかず時間的な余裕がなくなり、慌ててしまうことも、ストレスの原因になりえます。あらかじめTodoリストを作っておくことで、やることがリスト化され、仕事の段取りがよくなります。業務に追われることが少なくなり、気持ちにも余裕ができればストレスが溜まりにくくなるでしょう。

仕事を一人で抱えこまない

頼まれた仕事を一人で抱え込んでしまい、自分のキャパシティーを超えてしまうと肉体的にも精神的にも大きなストレスになります。業務量が多いと感じた場合は、上司にすぐに相談をしましょう。

適切な仕事量にすることで、スケジュールに追われる、残業続きで家に帰っても満足な休息がとれない、などのストレスを抱えづらくなります。

深呼吸をする

多忙でストレスを解消する時間がなく、軽く運動をすることも難しい職場では、目をとじて深呼吸をすることがおすすめです。数分間集中して深呼吸をするだけで、職場でも簡単にリラックスできます。

ガムをかむ

ガムをかむなど口のなかの筋肉をよく動かすと大脳にストレスの信号を送りにくくなることが分かっています。リフレッシュのためにガムをかむのは有効ですが、職場ではシーンを選ぶようにしましょう。

意識的にトイレへ行く

職場でのストレスから逃れるためには、そこに行くとなんとなく落ち着けるセルフスペースを職場で作るのがおすすめです。気軽なセルフスペースがトイレです。意識的にトイレに行くことで、仕事と自分を切り離したり、リフレッシュしたりするのに効果的です。

メモをとる

業務量が多くストレスを感じる場合は、メモを取るのがおすすめです。メモをもち歩いて取る、かつ定期的にメモをチェックする習慣をつければ、仕事の優先順位をつけることができます。また、仕事のぬけ漏れを防ぐこともでき、安心して仕事ができるでしょう。

デスク周りの環境を整える

自分のデスク周りが乱雑なだけで、イライラしてしまうこともあるでしょう。デスク周りを整理すると、頭の中も同時に整理されます。さらに、デスク周りにお気に入りの小物や写真を飾るなどして、自分が落ち着くことができる環境づくりをすることも大切です。

まとめ

仕事は人間関係や環境など、ストレスの原因となりやすい要素がたくさんあります。ストレスが溜まりやすい性格だと思うなら、対策法を取り入れたり、ストレスを適度に解消したりすることを意識的に取り入れましょう。

しかし、それでも職場でのストレスが軽減されない場合には、転職も選択肢になります。マンパワーグループの「CAREECRE(キャリクル)」は、圧倒的な求人数と有名企業との強いリレーションシップ、さらに専任コンサルタントによる充実のサポートで、転職成功までマンツーマンで対応します。ストレスフリーな転職におすすめです。

ストレスのない職場への転職ならマンパワーグループの転職サイトCAREECRE(キャリクル)

関連記事

退職 言い方

退職を上手く伝えられる言い方とは?伝える際の注意点まで解説

転職 理由

転職すべき人とするべきでない人 転職理由を明確にするべき理由

朝礼 スピーチ ネタ

朝礼スピーチのネタで困らない!仕事に活きるスピーチの仕方とおすすめのテーマ8選