ルート営業ってどんなことをするの?
一般営業とはどう違う?

ルート営業とは

ルート営業と一般営業の違いとは?

ルート営業と一般営業の違いは、「既存顧客へのフォロー」か「新規開拓中心」かにあります。具体的に言えば、一般営業と違ってルート営業は、元々取引のある顧客に対してより細かなフォローやセールスを行っていくのです。
今回は、ルート営業の仕事内容や必要なスキルなどを見ていきましょう。

ルート営業の仕事内容、そして独自に求められるスキルなど

ルート営業の仕事について

ルート営業は、前述した通り一般営業と異なり、すでに取引を行っている顧客が対象。「ルート」は、決まった顧客を回ることを表しているのですね。
この既存顧客の現状やニーズをヒアリングによってしっかりと掴み、その上で商品や戦略の提案をしていくのが仕事です。また、営業職は未経験可といった求人も多いため、初めての人や経験が少ない人でも取り組みやすい職種の一つです。

ルート営業で求められる三つのスキルとは?

一つ目は、「共感」や「聞く」能力。顧客の要望や本音をしっかりとヒアリングするために必要で、最も重要視されています。
二つ目は、清潔感のある身だしなみや、きちんとしたビジネスマナー。これはどんな職種でも基本ですよね。ではなぜ必要項目に入るのでしょうか?それは、ルート営業の場合、「何度も会っているから大丈夫」と気が抜けてしまうことがあるからだそう。気を付けたいところです。
三つ目は、パソコンスキル。事務作業や資料作成などでオフィスソフトを多用しますが、資格などは特に必要ありません。

ルート営業だからこそ!「深い信頼関係を作る」ために必要な二つのポイント

一つ目は、どういった状況でも顧客と会話が出来る臨機応変な雑談能力。いつも仕事の話では顧客もうんざりしてしまいますよね。しかし、誕生日や近況など顧客に寄り添った話題の提供や行動は、人間的な信頼を深めてくれます。
二つ目は、回るルートの固定。そうすると、ルート営業が顧客の元を訪れる時間や曜日、時期が大体同じになりますよね?そうすることで、「いつも同じ時間に来てくれる」と顧客は感じます。これが「安心」や「信頼関係の構築」につながるのです。

「細かな気配りができる」人、「相手の役に立ちたい」人におすすめなのがルート営業

このように、ルート営業一般営業と違って、顧客とより密接な関係になります。そのため、聞き上手・細やかな気配り・柔軟性など必要なスキルは多々あります。しかし、これらは「相手の役に立ちたい」と思うことで自然と身に付きますし、経験を積めば積むほどキャリアアップにもつながります。「人と話すことが好き」「相手のために何かしたい」、それでいて「やりがいがある仕事がしたい」という人にはおすすめの仕事でしょう。

> 営業のお仕事を探してみる


関連記事

営業への転職を成功させるポイント

営業への転職を成功させるポイント 営業の種類・必要なスキルなどを徹底解説!

転職の相談よりもカウンセリングを優先すべし

転職の相談よりもカウンセリングを優先すべし

転職の際に効果的な自己PRとは

転職の際に効果的な自己PRとは