「企画・マーケティング」って
具体的にどんな仕事をするの?

企画・マーケティングの仕事内容
  

企画やマーケティングと一口に言ってもどういった仕事なのか、ピンと来ないことが多いですよね。この2つは、サービスや商品を開発し、流通させるためになくてはならない仕事なのです。
加えてこの2つが協力しているからこそ企業の製品は世に出回るとも言える大切な仕事。   
ではこの企画やマーケティング、一体どんな仕事なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

  

意外と分からない?企画・マーケティングの業務内容とその違い

  

ここでは、企画・マーケティングの仕事の内容、そして2つの違いについて解説します。

企画の仕事内容に迫る

企画とは新しいサービスや商品などを生み出す仕事です。それだけでなく、既存のサービスや商品を改良する仕事も企画に含まれるでしょう。内容を個人で考える場合もあれば、グループでいろいろな提案をし、その中からまとめる場合もあります。

もちろん、自分の視点だけでなく、「消費者に受け入れられるものとは?」「クライアントの課題とは何か」と相手の立場で考える必要もあるため、現在の市場を把握しておくことも仕事の一つになります。

マーケティングの仕事内容に迫る

マーケティングは、市場の動向を探り、企画が生み出したサービスや商品をより流通させるために、宣伝や販促などを行って、消費者にサービスや商品を知ってもらうよう働きかける仕事です。

サービスや商品とクライアントや消費者との接点を作る、つまり、サービス・ものを売るための視点を生み出すのがマーケティングなのです。マーケティングでは、細かな分析や動向の素早い把握など、解析スキルが大いに役立ちます。

企画とマーケティングの違いとは?

簡単に言えば、企画は新しいサービスや商品を生み出すのが仕事、マーケティングはそれを売るための道作りが仕事です。一見似ているように感じますが、この2つは異なるものですし、互いが協力し合うことで、サービスや商品の開発、その流通が可能になっていると言えるのです。

自分のアイディアやスキルを発揮しやすい企画・マーケティング

どちらの業務も売上や流通につながるため、直接的な手応えを感じられます。加えて、自分の持つアイディアやスキルが発揮されやすい業務内容であるという意味でやりがいを感じることも可能でしょう。

ただし、企画・マーケティングの仕事は提供する商品・サービスの知識はもちろん、その業界全体の現状や動向について把握していることが求められます。そのため、知識のない業界で、かつ企画・マーケティングの仕事が未経験の場合、転職のハードルは非常に高いと言えるかもしれません。

未経験で企画・マーケティングへの転職を希望するのであれば、自分が今まで経験してきた業界内で職種転換を図るのが良いでしょう。特に営業や製造など、商品・サービスや業界についての知識がある職種からは転職がしやすいと思われます。

今までの経験や知識をベースに、あなたのひらめきや地道に取り組む能力、こういったスキルを生かして、企画やマーケティングにチャレンジしてみるのはいかがでしょう。

> 企画・マーケティングのお仕事を探してみる


関連記事

営業への転職を成功させるポイント

営業への転職を成功させるポイント 営業の種類・必要なスキルなどを徹底解説!

転職の相談よりもカウンセリングを優先すべし

転職の相談よりもカウンセリングを優先すべし

転職の際に効果的な自己PRとは

転職の際に効果的な自己PRとは