特許事務、法務事務とはどんな仕事!?

特許事務、法務事務とは

特許事務、法務事務、どちらも専門的な分野の事務

特許事務、法務事務とはどんな仕事でしょうか?
特許事務は「特許やライセンス」に関する仕事をします。これらに関わる書類の作成や管理、手配をするのです。

それに対し法務事務は「登記や商取引」に関する事務仕事をします。事務作業以外に法的トラブルや法律改正などへの対応も行います。

特許事務、法務事務、どちらも専門的な分野における事務仕事となります。今回は、この2つの職種について、具体的な仕事内容を見ていきましょう。

特許事務、法務事務の具体的な仕事内容と求められるスキル


特許事務の仕事内容

特許事務は、特許に関わる事務作業を行います。
具体的には、特許出願やライセンス契約、知的財産契約、外国特許出願に関わる事務作業、及び、出願書類や申請書類の作成や手配、管理などです。かなり広い範囲で「特許・ライセンス」に関わっているのが分かります。

また、弁理士や特許技術担当者のサポートも行います。さらに、語学力がある場合は、外国特許の仕事に就ける可能性もあります。

法務事務の仕事内容

法務事務は、企業の法務部門で就業します。ここで、不動産、会社登記、商取引など法的案件に関する事務作業を行います。
他に、法的トラブルや労災、知的財産権、顧問弁護士とのやり取り、公式文書の管理・更新、関連法改正時の業務見直し、社内マニュアル作成なども行います。

双方で求められるスキル

どちらも守秘義務が存在するため、決して他人に口外しないことが大切です。
そして、それぞれの職種に関する知識が求められます。特許事務の場合は、特許法の知識及び特許関連事務の経験が、法務事務の場合は、幅広い法律に関する知識が求められますので法学部出身の方は有利と言えます。

また、どちらも事務作業ですから、PCのスキルは必須。加えて、事務作業における正確さと迅速さが求められます。さらに双方において、今の社会の動きを把握すること、他者とコミュニケーションをとることなども求められます。

  

企業内部で専門的な働き方をする職種


企業が生み出した製品を守る特許に関わる特許事務、そして企業間で結ばれる契約関連をサポートする法務事務、どちらも企業の中では専門的な働き方をします。
それに仕事内容も幅広く、専門的な知識を必要としますから、一つの仕事をずっと続けたい、極めたいという人に向いているでしょう。

しかし、求人自体はそれほど多くありませんし、経験者を求める企業がほとんどです。ですから、未経験の場合は、サポートといった補佐から入って、少しずつ経験を積むのが良いでしょう。

> 特許事務のお仕事を探してみる


関連記事

営業への転職を成功させるポイント

営業への転職を成功させるポイント 営業の種類・必要なスキルなどを徹底解説!

転職の相談よりもカウンセリングを優先すべし

転職の相談よりもカウンセリングを優先すべし

転職の際に効果的な自己PRとは

転職の際に効果的な自己PRとは