30代女性が上手く転職するためには?
転職活動の注意点やコツを解説!

30代女性が上手く転職するためには?

転職は人生のなかで大きなターニングポイントです。特に女性は結婚や出産などのライフイベントで働き方が変わることもあり、新たな決断をする際に躊躇する人もいるのではないでしょうか。この記事では、30代女性の転職について紹介します。

30代になってからの転職

30代になってから転職を考える人は、20代の頃となにが違うのかと不安に感じる人もいるでしょう。年齢に関わらず即戦力を求めている企業もありますし、たとえ未経験の職種でも、これまでのキャリアが評価されれば採用につながる可能性もあります。

転職を考えたら、キャリアプランを思い描き、自分自身を理解することからはじめましょう。

転職のきっかけ

30代になると職場で役職についていたり、一定のスキルを身につけていたりする人も多くなりますが、転職を考える人も少なくありません。

転職を考えるきっかけはさまざまで職場の人間関係や労働時間・給与面などの条件に対する不満や、これまで多くの経験を積んできたからこそ、より自分のやりたい仕事が明確化されたためという人も多いでしょう。会社の将来性なども含め、今後について具体的に検討したうえで、自身のさらなるキャリアアップ、スキルアップを目指し、積極的に新しい環境へ踏み出す人が増えています。

また女性ならではの転職を考えるきっかけが2つあります。1つは職場にロールモデルがいないため将来がみえないときです。これは、日本の女性の社会進出の歴史が残っていることが原因のひとつでしょう。業界や会社によっては男性社会で女性のロールモデルがいないため、5年後、10年後といった将来どのように働き続けているのかといったことが分からず、不安を覚えて新たな環境を求めるケースです。

もうひとつは結婚や出産、子育て、介護のため働き方を考え直すときでしょう。これらのライフイベントを30代で迎える人も多く、自分だけの問題ではなく家族など周りの状況が関わってきます。

転職に向けて準備すべきこと

転職の成功を左右するのが、どのくらいの準備ができるかです。ここでは、転職に向けて準備すべきことをご紹介します。ほかの人との差をつけられるチャンスですので、ぜひ参考にしてみてください。

ライフプランを考える

女性は男性より結婚や出産などのライフイベントで、働き方が変わる可能性が高いことは採用する企業側も理解しています。ただ、入社してからすぐに休職や退職になることは企業側としても経営計画にマイナスの影響を与える恐れがあるため、採用前に本人が結婚や出産をどのように考えていているのか、具体的にどのようなライフプランを考えているのかを実は知りたがっています。

もちろん面接で詳細に伝える必要はありませんが、結婚や出産といったことに関わらず会社の利用できる制度も確認しながらライフプランをしっかりと考えることが大切です。

自分のスキルなどの専門性

30代の転職時には、これまでのスキルやキャリアが大きく問われます。年齢が上がるにつれ、求められる専門性は高くなります。そのため、異業種や未経験の職種への転職は、ハードルが高くなることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

まずは自分のこれまでのキャリアやスキルを詳しく書き出し、たな卸しをおこない、自己分析をしましょう。同時に他者からどう見られているかも分析することで、自分のスキルを振り返ることが可能です。

転職先に譲れない理由

転職先に求めることが多いと、なかなか自分に合った仕事を見つけられません。転職するにあたって、自分の中で譲れない条件を考えてみるのもおすすめです。最適な転職先を見つけられない場合や、妥協しすぎて転職を失敗しないためにも、転職先に求める条件をはっきりさせておいたほうがよいでしょう。

あまりにも採用がもらえない状況が続くと、焦って転職先を決めてしまいがちです。転職先を妥協しないためにも、自分が働く際に優先させたい条件を最初に決めておきましょう。

転職活動で注意すること

30代女性が転職するにあたり、注意すべき点はあるのでしょうか。転職活動をしている人のなかには、何を注意すべきかわからない人もいるでしょう。ここでは、実際に転職活動をする際に注意すべき点をあげています。

派遣社員から正社員を目指す場合

現在、派遣社員として働いている人のなかには、雇用の安定性や条件面のアップなどメリットが多いため、正社員を目指したいと考える人もいるでしょう。
派遣社員と正社員で異なる点は、直接雇用ではないこと、業務範囲が定められていることです。状況が大きく異なるためそれに対応できるかどうかがポイントになるでしょう。そのため主体的に業務に取り組み会社に貢献したいという気持ち、得意分野やスキルを活かし業務領域を広げたいことを確実に伝えることが大切です。

待遇にこだわりすぎない

これまでの待遇や実績を考えると、さらに条件のよい会社で働きたいと思う人もいるかもしれません。しかし、待遇ばかりを気にしてしまうと、候補となる会社は減ってしまいますし、採用後にミスマッチが起こる可能性も考えられます。

また、待遇のよい会社に関しては、より高いスキルを求められる可能性も考えられます。「入社したものの仕事を続けるのがつらい」などということにならないよう、総合的な判断で会社を選ぶようにしましょう。

エージェントを上手に使う

自分ひとりで転職活動をすることもできますが、転職サポートを得意としているエージェントを利用するのもおすすめです。多くの求職者へサポートをしてきた実績やノウハウ、独自のネットワークがあり、転職成功に向けて質の高いサポートを受けられます。自分だけでは、分からなかった転職先の情報などを知ることも可能です。

また、紹介予定派遣という選択肢もおすすめです。紹介予定派遣とは派遣として一定期間働いた後、正社員や契約社員といった直接雇用で採用されるというものです。就業当初は派遣社員のため、仕事の内容や職場の雰囲気を理解した上で働くことができますし、企業側も、面接だけでは分からなかった個々の能力について業務を通じて判断できます。つまり、お互いに納得した上で契約することがでます。

転職面接でアピールすべきこと

転職を希望する会社の面接では、どのようなことをアピールすればよいでしょうか。ここでは、面接の際にアピールすべき点を詳しく紹介していきます。

これまでの実務経験

30代の中途採用者には即戦力を求める会社が多く、新卒や第二新卒の頃とはおおきく変わります。これまでの実務経験を期待する会社が多いので。転職先企業で活かせる経験を積極的にアピールすることが大切です。

専門知識を含めた具体的な実務経験を伝えるのはもちろんのこと30代はマネジメントの資質も期待されています。部署やチーム、プロジェクトメンバーの数とそのメンバーと関わり方も具体的なエピソードを用いてつたえることで即戦力となれることをアピールできるでしょう。

専門性や後輩の育成経験

後輩社員の育成経験があれば、どのような流れで行ったのか、どのような評価を得たのか、具体的な実績について説明します。よい人間関係を築きつつ指導を行った点をアピールできれば、人間性についての評価も高まるでしょう。

論理的に分かりやすく説明することで、採用担当者も、あなたのリーダーシップ能力をイメージしやすくなります。

整合性のある志望動機

当然ながら転職の面接では、整合性のある志望動機が求められます。なぜその会社に転職したいのか、なぜその職種なのかなどを明確にし、論理的に答えられるようにしておきましょう。

そのためには、自己分析を行い、自分自身が求めるものを理解することが大切です。志望動機が明確になっていれば、企業からの印象もよくなり、転職の成功につながりやすくなります。

まとめ

今回の記事では30代女性の転職について紹介しました。一般的には年齢が上がるにつれ専門性やマネジメントの資質が求められる傾向にあります。しかし、異業種や未経験職種に転職をする場合でもこれまで身につけてきた経験やスキルをアピールすることで、採用のチャンスは高くなります。

今後のキャリアプランを具体的に説明することや、自分で新たに専門スキルを磨いていることを伝えることも大切です。また、自分だけで転職活動をするのではなく、転職サポートのプロであるエージェンシーの力を借りるのもおすすめです。転職活動を熟知していますので、さまざまな情報を伝えてくれるでしょう。

CAREECRE(キャリクル)では、幅広い業界・職種の求人情報を掲載しています。正社員や契約社員、派遣社員などさまざまな働き方が選べるほか、未経験で始められる求人も多く紹介しています。ぜひ自分に合った仕事がないか探してみてはいかがでしょうか。

CAREECRE(キャリクル)への登録はこちら

関連記事

履歴書学歴欄の書き方!どこからの学歴をかけばいいの?

履歴書学歴欄の書き方!どこからの学歴をかけばいいの?

退職を引き止められた際の対処法!円満退職するためのポイントとは

退職を引き止められた際の対処法!円満退職するためのポイントとは

転職の面接で逆質問するときのポイント 注意点と具体的な質問例

転職の面接で逆質問するときのポイント 注意点と具体的な質問例