20代女性の転職事情とは?
ライフステージにマッチする転職方法もご紹介

転職 女性 20代

キャリアップや将来のプランなどに合わせ、転職を検討する方もいるでしょう。この記事では、転職を検討している20代の女性向けに、転職成功のポイントなどをご紹介します。20代と一口にいっても前半・後半で転職事情が異なる部分もあります。それぞれ詳しく解説するので、キャリアプランの参考にしてください。

20代女性の転職とは?

若手といわれる20代は応募先企業から経験不足と判断される可能性や、女性特有のライフイベントもあわせて考えたいといった思いもあり、転職には不安がつきものです。そのため、転職はポイントをおさえつつタイミングの見極めが重要となります。

転職前に知りたい!企業が20代女性に求めることとは?

企業が20代に求めることは、自社の社風や環境への順応性や、新卒採用者よりも早く戦力になることです。そのため、自社に貢献してくれる人材だと判断すれば、社会人経験が短くても採用する傾向があります。自社にとって必要な人材が長く働いてくれることを期待して、法律で定められている産休だけでなく、育児支援、資格取得の補助などの福利厚生を用意している企業も多くみられます。

20代女性でも前半と後半で転職事情は変わる?

20代女性と一口にいっても、転職事情は20代前半と後半で異なります。ここではそれぞれのポイントを解説します。

20代前半の人材に求められること

20代前半は、社会人経験が短い「第二新卒」といわれる年代です。実績やスキルがあるに越したことはありませんが、20代前半の転職では、ポテンシャルが重視される傾向があります。基本的なビジネスマナーは備えつつ、新しい知識や技術を素直に吸収して、将来的に活躍できる人材であることが求められるといえるでしょう。

20代前半でする転職のポイント

企業としては、新卒者とは異なりビジネスマナーを取得していることから、企業側は研修コストを抑えることができます。また若いため、機動力や吸収力があることを期待しています。「すぐ辞めてしまうのではないか」と懸念する企業もあるため、その点を払拭できるようにアピールする必要があります。

20代後半の人材に求められること

20代後半になると、20代前半に比べて「未経験OK」の求人が減り、スキルや経験が求められるようになります。即戦力や将来的にリーダーや管理職などを任せられるかどうかも判断ポイントとなるため、ポテンシャルに加えて、自分がもっているスキルや経験をより具体的にアピールできるとよいでしょう。

20代後半でする転職のポイント

スキルや経験をアピールできる20代後半の転職では、キャリアアップが可能です。20代後半は短い期間ではありますが、新卒や20代前半よりも社会経験を積んでおり、それでいて1つの企業に染まりきっていないため、自社に合った人材に育てられるメリットがあります。

一方で、キャリアップやワークライフバランスを考え始める年代のため、今後のキャリアについてどのように考えているのか問われるでしょう。仕事を通じて実現したい夢や、企業や社会に仕事を通じて貢献したいことなど、具体的に伝えることが大切です。

20代女性の転職と男性の転職との違いは?

同じ20代でも、男性・女性では転職を考えるポイントが異なります。男性は、家庭をもつための転職、女性は、結婚や出産などのライフイベントを考慮した転職が多いです。また、女性は、仕事とライフイベントの両立を目指すケースも多いため、キャリアアップを重視するかなども考慮して転職のタイミングや働き方を検討する必要があります。

20代女性の転職とライフステージの関係性とは?

20代女性の転職では、ライフステージとの関係も考慮しなければなりません。20代女性の転職とライフステージの関係について解説します。

若さと転職の関連性

男女にかかわらず、20代をターゲットとした求人は多く、特に一般事務やアシスタントなど、サポート的な職種は若い人のほうが有利でしょう。しかし、専門職の場合はスキルが求められるため、経験が重視されます。若ければ転職に有利だとは限らないので、年齢に見合ったキャリアを積むようにしましょう。

結婚や出産前後の転職

20代の女性がこれからのキャリアを考える上で、結婚・出産・育児について切り離さず、これらを想定したキャリアプランをシミュレーションしておくのがよいでしょう。ここでは、結婚や出産と転職の関係性について解説します。

結婚前

転職を検討し、結婚予定がある場合、現在の環境と変わることはないか考えておきましょう。たとえば、通勤、出張、残業などの希望は、企業側のオファー条件と合致するか確認することが必要です。

今までの働き方や雇用形態を見直したい場合は、結婚後の生活をイメージして、実現したいことなどを紙に書いたりして具体化しましょう。その内容を叶える働き方を軸に、転職活動をすすめるとよいでしょう。

結婚後

結婚後の転職では、自分のキャリアを考えた「キャリアアップをしたい」といった動機だけでなく、「家庭を優先したい」「配偶者の転勤に伴い、その土地で転職したい」といった生活スタイルの見直しといった転職があるでしょう。

全ての希望条件を満たすことが難しい場合、優先順位をつけて考えてみましょう。

出産前

妊娠中の転職活動は、心身の負担も大きく、企業側も採用してすぐに産休に入る予定のある人を積極的に雇用しようとはならないため、転職活動には不向きです。

また、産前産後休業は出産予定がある方全員取得となりますが、育児休業取得については、同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていることが必要となりますので、注意が必要です

出産後

産後1年未満は、子どもが急に熱を出して休みを取ることが想像しやすいため、企業側としては、採用をためらう傾向にあります。 このような期間に該当する場合の転職は、企業側の懸念点を払拭することが必要です。

出産直後は心身ともにデリケートなため、無理をしないことが大切です。今後、仕事・家庭・子育てを含めたキャリアをどのように歩んでいきたいのか、改めて考える機会になります。

30代になる前に転職すべきか?

30代は転職できない、ということはありません。「20代のうちに必ず転職する」と考えるよりも、年齢にかかわらず、転職したいと思った時に目指せるよう、経験やスキルを身つけましょう。

20代女性の転職を成功に導く!5つのポイントとは?

ここでは、20代女性の転職を成功に導くポイントをご紹介します。

将来のビジョンを明確にする

転職を失敗しないためには、次の点をポイントにキャリアプランを描いた上で、転職先を検討することが重要です。

・いつまで(何歳まで)働きたいか
・自分にとって働きやすい条件を満たしているか
・仕事と結婚や出産などのライフイベントと両立できる環境かどうか

将来のビジョンを明確にすることで、自分に合った転職先を選べます。

転職に対する優先順位を決めておく

給料、職種、福利厚生、休日、働き方など、転職に求めるものは人それぞれです。転職で何を叶えたいのかを考え、優先順位を明確にした上で、転職活動を進めましょう。しかし、20代は将来が未確定な部分もあります。パートナーとの関係を最優先に考えたり、ワークライフバランスばかりを重視したりするのではなく、仕事によって実現したいことなどをしっかり考えて、転職活動に臨みましょう。

さまざまな職種や職場に関して情報を得る

自分の可能性を広げるためにも、さまざまな職種を知ることが重要です。「事務職が向いている」と思っていても、ほかの職種のほうが実力を発揮できる、「営業はノルマが厳しい」と考えていても、実際は働きやすいなど、イメージと異なる場合もあります。

職種のみにこだわるとミスマッチが起こる可能性もあるため、業種や社風など企業に関しても確認するようにしましょう。

ビジネスマナーを確認する

20代であることを理由に、企業側から「しかたない」と許される部分もありますが、基本的なビジネスマナーは20代にも必要です。また、現職の職場では当たり前でも、他社では通用しないルールもあります。転職活動を始める際は、基本的なビジネスマナーを再確認しましょう。

転職エージェントの利用

ミスマッチが起こったり、自分の可能性を狭めたりすることがないよう、転職の際は転職エージェントや転職サイトなどを利用し、第三者の意見を得ましょう。マンパワーグループの転職サイトCAREECRE(キャリクル)では、専任のコンサルタントによるサポートが受けられます。選考の日程調整なども任せられるため、在職中の転職活動もスムーズです。

まとめ

20代は求人数が多く、キャリアチェンジやキャリアアップの転職も可能です。20代女性はさまざまなライフイベントを控えているため、転職のタイミングを逃さないようにしてください。また、転職を成功させるためには、転職サイトを積極的に利用するとよいでしょう。

有名企業とのリレーションが強く、求人数の多いマンパワーグループの転職サイトCAREECRE(キャリクル)では、専任のコンサルタントがマンツーマンで転職成功に導きます。初めての転職でも、安心して進められるでしょう。

CAREECRE(キャリクル)について詳しくはこちら

関連記事

ロジカルシンキングとは

すぐに実践できる!ロジカルシンキングのすべてをご紹介

コンサルタント 転職

未経験でコンサルタントに転職するには?仕事内容や必要スキルを解説

第二新卒 いつまで

第二新卒っていつまで?転職しやすいって本当?転職活動を成功させるポイントと注意点