転職活動に最適な期間とは
スムーズに進めるコツ・転職経験者の事例も紹介

転職活動に最適な期間とは

転職活動を始めるにあたり、事前にスケジュールを立てることは大切です。しかし、どれくらい期間がかかるのか見通しを立てられないという人も多いでしょう。

この記事では、転職活動期間の目安や始めるタイミング、転職活動の流れについて解説します。また、スケジュールを組むうえでの注意点や予定どおりに進めるために大切なこと、転職経験者の実例についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動期間の目安

一般的に転職活動の期間は、3~6ヶ月が目安といわれています。できるだけ短期決戦を心がけ、実際に転職活動するのは、情報収集などの準備期間を除き3ヶ月ほどがよいでしょう。

短期決戦をおすすめする理由は2つあります。1つ目は、求人募集は採用ができ次第終了するため、対応が遅いと応募中でも求人自体が閉じてしまうからです。採用する企業としても人員を早く補充しないと企業活動の成長スピードが鈍化してしまうため、なるべく早く求人を閉じたいと考えています。

2つ目は、転職エージェント等を利用する場合に本気度が薄いとみなされ、良い案件を紹介されにくくなるからです。転職エージェントは、紹介した候補者が採用された際に報酬を得られる場合が多いので、できるだけ短期間で転職をしたいと考えている人に良い案件を紹介したいと考えるはずです。

以上の理由から、長期間に渡って転職活動をするのではなく、計画性をもってスピード感よく転職活動を行うことが転職を成功させるうえで大切といえます。

転職活動を始めるタイミングはいつが最適?

転職活動は、現職を続けながら行うパターンと退職してから始めるパターンがありますが、どちらがよいのでしょうか。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

現職を続けながら転職活動する

ここでは、現職を続けながら転職活動するうえでのメリット・デメリットを解説します。

メリット

現職に在籍中に転職活動をする一番のメリットは、経済面で安定して収入が得られる点です。収入源を確保しているということは生活の心配なく、安心して転職活動に取り組むことができます。

また、現職に留まることができるのであれば、転職活動自体を再検討できるのもメリットと言えます。

デメリット

働きながら転職活動をすると、企業研究や就職活動に割く時間そのものが限られてしまいます。面接の日程調整や入社日についてもお互いの希望が合わず難航する可能性もあります。
また、経済面で安定している分、転職活動が長期化しやすいというデメリットもあります。

退職後に転職活動する

ここでは、退職後に転職活動をするうえでのメリット・デメリットを解説します。

メリット

退職後に転職活動をする最大の利点は、時間に縛られずに活動ができるという点にあるでしょう。平日の日中でも動けるため、急な面接の日程も可能なためスピーディーな転職活動が可能です。

また、時間の余裕があれば資格の取得など転職先に有利なスキルを身に着けることもできます。

デメリット

離職後に転職活動をすると、転職活動に使う資金や生活資金面で不安を覚える可能性が出てきます。転職活動が長引けば長引くほど、生活面でも精神的にも焦りがでるため、納得した転職活動が進められない恐れがあります。
また、ブランクが長期間あいてしまうと、企業にネガティブな印象を与える可能性があります。

転職活動の一般的な流れ

1) 自己分析などの事前準備(5~7日程度)
転職する理由、スキル、強みなど、自己分析が必要です。また、転職活動のスケジュールを決めましょう。

2) 情報収集(5~7日程度)
業界の特徴や将来の展望、企業の特徴について知っておくと、志望動機なども定まってきます。

3) 応募書類の作成・応募(1~2週間程度)
履歴書や職務経歴書を作成します。単に職歴を並べるだけでなく、転職先で活躍できる人材であることを印象付けるために、自分の経験やスキルが伝わるような書き方を意識しましょう。

4) 面接(1~2ヶ月程度)
面接には自己PR・志望動機・強みや弱みなど、定番の質問があります。事前に回答を準備しておきましょう。

5) 内定(退職・引継)(1ヶ月程度以上)
内定が出たら、在職中の場合は退職手続きと業務の引継ぎをしなければいけません。

転職活動のスケジュールを立てるときの注意点

転職活動には、スケジュールが予測していたよりも変動することがあります。ここでは、スケジュールを立てるうえでの注意点を解説します。

応募の進め方

まずは気になる求人があれば、同時に複数の企業へ応募してみることがおすすめです。転職活動をしながら企業の比較検討ができるので、知らなかった企業の魅力や、疑問・不安な点に気がつく可能性もあります。

面接は回数を重ねるごとに慣れてきて、自分らしく堂々とふるまえる可能性が高くなります。そのため、自身の魅力を存分にアピールするという意味でも、複数の企業の選考を同時進行に進めるのがよいでしょう。
また、一社ずつ応募し、不採用の場合に次の企業に応募するという進め方は、転職活動が長引く原因となります。なぜなら、複数社受けている場合は、たとえば一社不採用になったとしても残っている面接をそのまま進めていけばよいですが、一社のみの場合、不採用だった場合、また書類選考からやりなおさなければなりません。また、一社のみの応募で内定が出る可能性はそこまで高くないことが多いです。より効率的に転職活動を進めるには、やはり複数企業に同時に応募したほうが良いでしょう。一社目で受けた面接の反省点や気付きを二社目で生かすこともできます。

退職手続き・引き継ぎに要する時間

退職の意思を伝えても交渉に時間がかかったり、引き継ぎが予定どおりに進まないことがあります。退職交渉の際には、以下の点に注意して行いましょう。

・直属の上司に 報告する時間をもらう
まず伝えるべきは、直属の上司です。上司の予定を確認し、会議室など1対1で話せる場所を確保する必要があります。忙しくそうでないタイミングを見計らって「いつ何分ほど時間をいただけないか」と切り出しましょう。

・相談ではなく報告と伝える
上司とせっかく話す時間を設けても、「退職したいのですが」と切り出しては引き留められる可能性が大きいです。上司には「いつをもって退職するのか」を報告しましょう。

また、退職の意思をいつまでに伝える必要があるかは企業によって異なるので、円満な退職をするためにも必ず事前に就業規則を確認しておきましょう。
詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください(「退職を引き止められた際の対処法!円満退職するためのポイントとは」)

転職活動を円滑に進めるために準備すべきこと

ここでは、転職活動をスムーズに進めるために準備するべきことを3つ挙げて説明します。

自己分析・転職する目的の整理をする

なぜ転職したいのか、自分がしてきた経験を武器にして、アピールできるスキルは何なのか、志望している企業でそのスキルは活かせるのかといった自己分析を行いましょう。

準備をしておけば面接時に志望動機、自分の強みや自己PRを聞かれた際、返答に困ることなくスムーズに答えられます。書類を書く際にも、説得力のある言葉で作成できます。

転職したい日を起点にして計画を立てる

転職したい日を決めて、その日を起点として情報収集、書類作成・応募、面接対策などのスケジュールを立てましょう。きちんとスケジュールを立てておけば、納得できない結果になることを防げます。

さらに、在職中に就職活動をする場合は、段取りを決めておくと、限られた時間で効率よく活動できます。退職の意向をいつ伝えるかも考えておきましょう。

志望業界・企業の情報収集をしっかり行う

志望業界の動向や展望、企業の採用動向をしっかりと調べましょう。企業がどのような人材を求めているのかも知っておくと、ミスマッチを防げます。

また、自分の可能性を広げるため、業界や企業は絞りすぎないようにするのも大切なポイントです。初めは考えていなかった業界でも、自分のスキルや強みを活かせる可能性があります。
また、情報収集の段階で、自分の市場価値を知ることが大切です。自分では分からないという場合は、転職エージェントを活用するとよいでしょう。

転職活動の成功事例

ここでは、転職活動における成功事例をふたつ紹介します。自分と照らし合わせて、転職活動の参考にしてください。

キャリアを生かして年収アップ!異業種から転職した事例

ある男性は現職で働きながら転職活動を行い、9ヶ月かけて内定を獲得しました。年齢は30代で、前職はゼネコンの施工管理で働いていましたが、転職後は総合不動産会社の総合職として入社することができました。

働きながらの転職活動で時間がない中、自己PRがうまくできず書類や面接で落とされました。キャリアやスキルについては自信があったため、なかなか内定がもらえない状況に落ち込むこともありました。

そんな中、気持ちを切り替えて欠点を改善することを意識し、面接力をアップさせるための練習や、応募書類の書き直しをした結果、憧れの優良企業に就職することができたと言います。

プロフィール
Aさん 30代男性
前職 ゼネコン施工管理職
現職 総合不動産会社 総合職

前職に勤めながら転職活動を始めたAさん。現職は忙しく終電で帰る日も多かったため、転職活動開始当初は難航。そこでAさんはエージェントを利用することにしました。エージェントに自分で調整することが難しかった面接の日程調整を代行と、的確な面接のアドバイスをもらいったと言います。
Aさんは転職先企業を当初から絞り、細かく調べていました。また自己分析もしっかりできていたため、面接で効果的に伝えるトレーニングを重ねたことで内定を得ることができました。

スピード勝負で転職活動!活動から1ヶ月転職した事例

中堅の電機メーカーでマーケティングの仕事をしていた30代の男性は、事業部の撤退を期に転職活動を始めました。市場でのニーズが高いとは言えないキャリアでしたが、大手電機メーカーのマーケティング職に入社することができました。

転職活動を始める中で、市場価値が高いとは言えないという現実に直面したので、求人が締め切られる前に、採用に意欲的な会社をスピード勝負で受けることに決めました。

スキル面は難なくクリアし書類選考は通過しましたが、一次面接では意欲を伝えることができず、マイナスの評価を受けました。そこで、受け身の姿勢を見直し、志望動機を整理して二次面接に臨んだ結果、無事に内定を得ることができたと言います。

プロフィール
Bさん
30代 女性
前職 中堅メーカー マーケティング職
現職 大手メーカー マーケティング職

所属をしていた事業部が撤退をすることになったため早期退職制度を利用し退職をされたBさん。同じ会社で長く勤めていたこともあり、退職直後は旅行などをしながらリフレッシュをしようと思っていたとのこと。しかし、偶然大手メーカーのマーケティング職の求人をみつけ、タイミングを逃してはいけないと急いで応募をしました。準備不足で面接に挑んだことで、面接官からは多くの指摘をされて終わりましたが、2次選考に進むことがわかってからは、徹底的に自分自身のスキルの見直し、そして仕事の目標を考えたといいます。その結果、書類を出してから1ヶ月での内定を得ることができました。Bさんは休みたいという気持ちに負けることなく、変わりやすい求人マーケットをキャッチし、スピーディーに対応することで転職に成功したといえるでしょう。

まとめ

中途採用・転職活動は短期決戦が肝となります。在職中・離職後のどちらに転職活動をしてもそれぞれメリット、デメリットがあります。しっかりと考えてから転職活動をスタートしましょう。自己分析や事前の情報収集が大切な転職活動ですが、自分だけでは思うように活動を進められないこともあるかもしれません。

マンパワーグループのCAREECRE(キャリクル)では、多くの案件があり、自分にあった仕事や職種などを比較しながら検討することができます。圧倒的な数の求人数や、大手企業との強い結びつき、充実したサポートのあるマンパワーを利用して、あなたが次に「CAREECRE(キャリクル)」を積む企業を探してみませんか?

CAREECRE(キャリクル)への登録はこちら

関連記事

履歴書学歴欄の書き方!どこからの学歴をかけばいいの?

履歴書学歴欄の書き方!どこからの学歴をかけばいいの?

退職を引き止められた際の対処法!円満退職するためのポイントとは

退職を引き止められた際の対処法!円満退職するためのポイントとは

転職の面接で逆質問するときのポイント 転職活動の注意点やコツを解説!

転職の面接で逆質問するときのポイント 転職活動の注意点やコツを解説!