チームビルディングの意味や目的について
得られる効果や種類と実践方法についても解説

チームビルディング とは

昨今注目を集めている「チームビルディング」は、優れたチーム作りや、メンバーの個性や能力が発揮できるチームを作るための取り組みです。しかし、言葉では聞いたことがあるものの、具体的な取り組み、取り入れることでどのような効果があるのか、わかっていない人もいるでしょう。

この記事では、チームビルディングの目的やメリット、効果や種類などをご紹介します。

チームビルディングとは

チームビルディングは、直訳すると「チームを作る」という意味になります。この記事で説明するチームビルディングとは、チームメンバーが個性やスキル、多様性を活かして、一人では達成することが難しい目標や課題に取り組むことを意味します。

目標や課題を達成するチームを作るための、プログラムや研修などの取り組みまでを含めてチームビルディングと言われることもあります。

チームビルディングを行う目的

チームビルディングは、企業や組織のすべての人が目標やビジョンを共有し、立場や役職に関係なく、お互いを認め合ってチームのパフォーマンスアップを図ることが目的です。若手社員は主体性、中堅社員はリーダースキルを身につけること、管理職は組織の体制作りなど、立場や役職によって異なる目的が設定されます。

この取り組みを行うことによって、同じ考えや思い、達成感を得られ、メンバー同士の信頼感を高めることができます。さらに、問題解決力、コミュニケーション力、主体性、といった個人のスキル向上も期待できるので、結果として、組織全体の強化につなげることも目的のひとつといえるでしょう。

チームビルディングを行うメリットと効果

チームビルディングを行うメリットには、主に次の3つがあります。
・コミュニケーションの活性化
・チーム目標の達成によるモチベーションの向上
・新しいチャレンジやアイデアの創造

それぞれの理由や効果について見ていきましょう。

コミュニケーションの活発化

ひとつの目標に向かってチーム一丸で取り組むことにより、お互いの共通目的ができるため、チームに活気をもたらします。自然と会話やコミュニケーションも増え、仲間意識が高まり、目標達成までの行動も活発化するでしょう。

また、チームビルディングを行うと、上司と部下の間でもコミュニケーションが増えます。報告・連絡・相談など、部下から上司への会話や、上司から部下への指示などがよりスムーズになることも期待できます。

チーム目標の達成によるモチベーションの向上

チームビルディングによってコミュニケーションや会話が増え、自然と組織全体の雰囲気がよくなります。雰囲気のよい環境は、目標達成までのモチベーションを維持・向上してくれるでしょう。

モチベーションが高い状態での行動は、組織の生産性や成果物の品質向上にもつながります。それぞれの役割は異なっていても、みんなでひとつの目標に向かう意識で取り組むことが可能です。

新しいチャレンジやアイデアの創造につながる

チームは、多様な価値観や個性をもったメンバーが集まっています。そんなメンバー間で意見や考えを交わし、チームとしての結論に融合させる体験は、想像力のアップやアイデアの創造につながります。

また、チームビルディングによる意見の持ち寄りは、一人では考えられなかったアイデアや、成し遂げることが難しかった新しいチャレンジを生み出してくれます。新しいことへのチャレンジは、チームや組織のイノベーションにもつながるので、組織力向上のメリットがあるといえます。

チームビルディングの5つの段階「タックマンモデル」とは

チームビルディングには、次の5つの段階があります。
・形成期 Forming (フォーミング)
・混乱期 Storming (ストーミング)
・統一期 Norming (ノーミング)
・機能期 Performing (パフォーミング)
・散会期 Adjourning (アジャーニング)

ここでは、それぞれの段階で取り組むべき課題や方法について説明します。

形成期 Forming (フォーミング)

形成期(フォーミング)は、チームメンバーが決まって、チームが作られたばかりの段階をいいます。メンバー同士がお互いをよく知らないので、緊張していたり遠慮したりしている状態です。

この段階で取り組むべきことは、メンバーがお互いの性格や特徴、スキルなどを知り、チームの目的を正確に把握することです。例えば、懇親会を開催してそれぞれのメンバーについて知ったり、リーダーが中心となって目標達成の妨げになる課題を見つけたりすることで、チームの親睦を深められます。

混乱期 Storming (ストーミング)

混乱期(ストーミング)は、プロジェクトが進む中で、メンバー同士の意見の衝突や対立が起こり始める段階をいいます。形成期を超えた証でもあり、混乱期のないチームは水面下で不安や不満を抱えてしまうこともあるため、チームビルディングにおいて重要な過程です。

意見の対立を恐れず積極的に考えを出し合い、メンバー同士がお互いに理解を深めることでチームの結束力を高めることができます。

統一期 Norming (ノーミング)

統一期(ノーミング)は、メンバーの関係性が安定し、チームがひとつになっていく段階です。メンバーがお互いのことを十分に理解することで、チーム内に共通の認識が生まれ、規範ができたり役割分担の共有がされたりします。

リーダーシップが必要とされる段階でもあり、リーダーはチーム全体が納得できる目標設定を行ったり、メンバーをフォローしたりすることで、それぞれが個性を発揮できる状態となり、チーム全体のモチベーションが高まります。

機能期 Performing (パフォーミング)

機能期(パフォーミング)は、チームとしての成果がわかる段階です。メンバーは自分の役割をまっとうするだけでなく、リーダーの指示がなくても自律的なアクションが取れるようになります。チームの目標のために、それぞれが積極的に行動し、メンバー同士に協力関係が生まれ、チーム全体の一体感が増していきます。

散会期 Adjourning (アジャーニング)

散会期(アジャーニング)は、プロジェクトの終了や、メンバーの異動や退職によってチームが解散する段階です。締め括りとなる慰労会などのイベントを開催すると、チームとしての区切りがつけられます。

チームビルディングの種類

チームビルディングには、主に次の4つの種類があります。
・研修
・ワークショップ
・グループディスカッション
・社内イベント

それでは、それぞれの種類ごとに特徴や狙い、得られる結果や効果について説明します。

研修

チームビルディングの研修は、
・集団とチームの違いを理解したチームの見直し
・チームワーク力の向上
・モチベーションを上げる方法を知る
・強いチームを作るポイントを知る
といったことが、主な目的や狙いになります。

身につけるというよりも、研修を通した体験や体感によってチームビルディングを理解し、組織の中での実践につなげていくことが重要です。

チームビルディングの研修内容

チームビルディングの研修には、
・ワークショップ
・ビジネスゲーム
・合宿研修
などの方法があります。

キャンプ場やアクティビティ施設、ホテルなどに数日宿泊して、チーム内のコミュニケーションの活性化を図る合宿型の研修や、一日でゲームやワークを行い、お互いの価値観や意見を理解することが目的の研修、外で体をアクティブに動かしながら、メンバー間の距離を縮める目的で行う研修など、さまざまな手法や内容があります。

ワークショップ

ワークショップとは、参加者全員がそれぞれの意見やアイデアを考え、議論を通して結論を導き出すものです。座学やセミナーとは異なり、ワークショップは参加者が主体的に行動、発言をする必要があります。ワークショップを通して、チームがひとつになって結論や成果を出すことの重要性を学べます。

ワークショップの種類と方法

ワークショップには、大きく分けて「体験学習型」と「セミナー形式」の2種類の形式に分けられます。体験学習型もセミナー形式も、チームを形成して与えられた課題解決に取り組むスタイルです。

ワークショップの種類には、
・ものづくり
・運動
・音楽
・料理
など、さまざまなジャンルがあります。

ワークショップを実施する場合は、「チームとしてどのような体験をしたいか」を明確にし、目的にあった内容を選ぶのがポイントです。そうすれば、ワークを通してメンバー間の相互理解が深まることが期待できるでしょう。

グループディスカッション

グループディスカッションとは、メンバー間でお互いの意見や気持ちを話すことで、価値観を共有するための手法です。ディスカッションを通して、コミュニケーション力や傾聴力、協調性などさまざまなスキルを確認できるというメリットもあります。

ディスカッションには、
・選択型
・自由討論型
・課題解決型
・ディベート型
・フェルミ推定型
などのタイプがあり、テーマをきちんと決めてディスカッションを行うことが大切です。

社内イベント

会社で一般的に行われている社内イベントも、立派なチームビルディングの一環です。
・社員旅行
・新年会
・ランチミーティング
・スポーツ、運動会
などが、社内イベントとして挙げられます。

とくに、スポーツへの参加など、チームや会社全体でひとつの目的を達成するイベントは、チームワークの向上につながり、達成感を共有できるメリットがあります。ランチミーティングにおいても、お互いの意見や考えを話し合うことで、相互理解やコミュニケーション力アップにつながるでしょう。

表彰や社員旅行など

社員表彰を実施すれば、社員のモチベーションが高まります。しっかり努力をすれば、社員表彰で報われると理解すれば、モチベーションも向上するからです。表彰は、目に見える数字だけでなく社員投票による賞があってもよいでしょう。

社員旅行も同じく、社員のモチベーションを高めることに役立ちます。社員旅行は、社員の親睦を深める効果が高く、組織力アップに直結します。社員のリフレッシュも兼ねて実施するとよいでしょう。

まとめ

この記事では、チームビルディングの目的やメリット、効果や種類などをご紹介しました。メンバーのスキルアップやチーム全体の組織力アップにも、チームビルディングは効果的な手法です。チームビルディングを行う際は、ぜひこの記事を参考に実践してみてください。

チームビルディングにより成果を得た経験は、転職活動にも新たな視点を生み出してくれます。転職活動をお考えの場合は、マンパワーグループのCAREECRE(キャリクル)の利用を検討してみてはいかがでしょうか。豊富な求人数と有名企業との強力なつながりに加え、専任のコンサルタントがマンツーマンで対応してくれます。

転職活動で悩んでいる方は、ぜひ登録してみてください。

マンパワーグループのCAREECREの詳細はこちら

関連記事

プレゼン 上手

プレゼンが上手くなる9つのコツ!人を惹きつける構成や話し方とは?

面接 長所 短所

面接時の「長所」「短所」の答え方のポイントとは 短所は長所に変えられる(例文あり)

ポジティブになるには

ポジティブになるには?日常生活や仕事、転職の場面で考えてみよう