ビジネスに役立つおすすめアプリとは?
用途別のアプリ20選

ビジネス おすすめ アプリ

スマートフォンは、今やビジネスの場でも不可欠なものになっています。スマートフォンには、ビジネスに役立つアプリがたくさんあり、うまく活用することで業務の効率化を図ることができます。

この記事では、ビジネスでアプリを使うメリットや、おすすめのビジネスアプリを20個厳選してご紹介します。ぜひビジネスシーンで役立ててください。

ビジネスアプリを活用して仕事をしよう

ビジネスシーンでは、パソコンを使うことが非常に多いです。しかし、スマートフォンも進化しており、ビジネスにおける業務の効率化に役立てることが可能になってきました。

働き方改革が叫ばれている昨今において、業務の効率化はどの企業にとっても課題です。しかし、人員を増やしたり、業務フローを見直したりするだけでは限界があります。そんな時に、いつも携帯しているスマートフォンのビジネスアプリを活用できれば、様々な効率化が図れることでしょう。

ビジネスアプリを使うメリットとは

ここでは、ビジネスアプリを使うメリットを解説します。 ビジネスアプリを使うメリットは以下の3つです。

業務が効率化する

ビジネスアプリを使う大きなメリットは、業務の効率化です。ビジネス文書の作成やデータ入力などは、ビジネスアプリでも可能になってきています。例えば、請求書を仕上げたいと思った際もフォーマットが既に用意されていることも多く、より短時間で作成することができます。

チームで連携が取りやすい

ビジネスアプリを使うと、チームでの連携が取りやすくなります。ビジネスアプリは、クラウド上にデータを保存するものが多く、複数人でアカウントの共有が可能です。インターネットにつながってさえいれば、いつでもどこでもスピーディーにやり取りをすることができ、効率化が図れます。

作業やデータをオンラインに移行できる

ビジネスアプリを使って、データをオンラインに移行しクラウドなどに保存するようにすれば、いつでもどこでも作業することが可能になります。インターネットにつながってさえいれば、移動時間などの隙間時間も有効に使えるため、業務の効率化につながるでしょう。

おすすめビジネスアプリ20選

ここでは、おすすめのビジネスアプリ20選をご紹介します。利用目的ごとに、おすすめのビジネスアプリをご紹介するので、参考にしてください。

ビジネスシーンに必須のアプリ

Evernote

       ビジネス おすすめ アプリ

https://evernote.com/intl/jp
Evernoteは、TODOリストやアイデアリストの作成、また、メモ帳として活用できるビジネスアプリです。文字入力だけではなく、写真の保存や手書きスケッチといった幅広い使い方ができます。スマートフォンやパソコン、タブレットで管理可能ですが、無料版での利用は使用端末数が限られるので注意が必要です。

Dropbox

       ビジネス おすすめ アプリ

https://www.dropbox.com/ja/
Dropboxは、ファイルやデータをオンライン上に保存できるサービスです。ビジネス文書や写真など、業務で使用するデータを保管できます。データ容量が大きいものでも、素早く開けられるのがメリットです。ファイルやデータはオンライン上に保存されますので、チームのメンバーで共有できます。プランにより保存容量などに制限があります。

Gmail

       ビジネス おすすめ アプリ

https://www.google.com/intl/ja/gmail/about/
Gmailは、Google社が提供するメールサービスです。無料でアカウントを作成でき、スマートフォン用のアプリをダウンロードすれば、どこにいてもメールの確認が可能です。メールの振り分けを自動にできる機能もありますので、クライアント別や部署別などに分けて受信もできます。有料版ならば、@以下を会社名など独自に設定することが可能です。

Microsoft Office系

Microsoft Word

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-word/id586447913
Microsoft Wordは、オフィス系ソフトでよく使われています。ビジネスアプリ版はパソコンと同じような操作で文書作成が可能です。簡単な編集や文書内容の確認が素早くできるので、重宝するでしょう。クラウドで共有すれば、さらに作業の効率化につながります。また、データをDropboxで保存するなど、他のビジネスアプリと連携すればより便利です。

Microsoft Excel

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-excel/id586683407
Microsoft Excelもオフィス系ソフトで、表計算やグラフ作成などによく使用されています。編集やデータの加工もできて、外出先でも資料作成が可能です。豊富なテンプレートも用意されているので、スケジュールやタスクの管理にも活用できます。スマートフォンの画面で作業する場合は、複雑な資料作成というよりも、簡単な作業や確認の際に使うとよいでしょう。

Microsoft Office Lens PDF Scan

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-office-lens-pdf-scan/id975925059
Microsoft Office Lensは、スマートフォンのカメラで撮影した書類をPDF化できるビジネスアプリです。紙媒体で配布された資料をPDFにして保存したり、打ち合わせ内容が書いてあるホワイトボードを保存したりするのに使います。

PDF化した資料は、文字認識されているので、PDF内を検索して資料を見返すことも可能です。撮影位置がずれていても補正機能があり、きれいに保存できます。

手書き書類をデータ化するためのアプリ

Fine Scanner

       ビジネス おすすめ アプリ

https://www.finescanner.com/jp/
Fine Scannerは、PDF化したデータをテキストデータに変換できるビジネスアプリです。使い方は、書籍や資料をスマートフォンのカメラで撮影して、PDFに変換した後に、文字変換されたテキストデータを保存します。Microsoft WordやMicrosoft Excel、テキストデータなど、さまざまなデータ形式に変換可能です。書籍の大事な部分の保存、会議資料の保存などで活躍します。

タスク管理のアプリ

Googleドライブ

       ビジネス おすすめ アプリ

https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/
Googleドライブは、Google社が提供するストレージサービスです。Gmailのアカウントを取得すれば、15GBの保存容量のストレージが使えます。オンライン上にデータを保存することで、データのやり取りも簡単になり、複数人でデータを共有して、編集やチェックをすることもできます。

また、ビューアとしての機能もあり、PhotoshopなどデータをGoogleドライブに入れておけば、専用のアプリがなくても開くことができます。

Microsoft リモート デスクトップ

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-リモート-デスクトップ/id714464092
Microsoftリモートデスクトップを使うと、スマートフォンからWindowsパソコンの操作ができます。パソコンでしか動かせないソフトも、スマートフォンで操作が可能です。例えば、社内研修でパソコンを使うときなどに活躍するでしょう。各自のパソコンでの操作画面を閲覧できるため、一人ひとりに指導する手間を省くことが可能です。

タイムクラウド

       ビジネス おすすめ アプリ

https://timecrowd.net/
タイムクラウドは、複数人のタスクを瞬時に確認できるビジネスアプリです。稼働状況などを適宜確認して、プロジェクトを進行させることができます。Googleアカウントを利用したログイン、さまざまなツールとの連携など、使いやすく拡張機能も充実しています。

複数人で利用する場合は、1ユーザーあたり月額500円かかります。有料版を無料体験できる期間が2週間ありますので、導入前に試してみましょう。

コミュニケーションに使えるアプリ

Slack

       ビジネス おすすめ アプリ

https://slack.com/intl/ja-jp/
Slackは、チャット感覚でメッセージのやり取りができるビジネスアプリです。部署やチームごとにチャンネルを開設して、メッセージのやり取りやデータの共有ができます。

外部のサービスとの連携も充実していて、コード投稿ができる機能もあります。エンジニアの多い企業では重宝されるでしょう。ミニブログのように、チャット内でテキスト編集ができるpost機能も、情報一元化に役立ちます。

Chatwork

       ビジネス おすすめ アプリ

https://go.chatwork.com/ja/
ChatWorkもSlackと同様に、チャット感覚でやり取りができるビジネスアプリです。プロジェクトごとにグループを作れるので、参加したメンバーでメッセージのやり取りやデータの共有ができ、タスク管理機能により、メンバーに対して、もしくは自分自身にもタスクを設定することができます。自分だけのチャットルームもあり、メモやデータの保存も可能です。

名刺管理のアプリ

Eight

       ビジネス おすすめ アプリ

https://8card.net/
Eightで名刺をスマートフォンのカメラで撮影すると、記載されている情報を読み取り、データ化することができます。社名、氏名、役職や連絡先なども鮮明に読み込むことが可能です。さらにSNS機能も備えており、ユーザー同士がつながると、部署や役職が変わっても相手に通知が届きます。メッセージ機能により、手軽なやり取りもできます。従来の名刺管理を大幅に効率化できます。

myBridge

       ビジネス おすすめ アプリ

https://jp.mybridge.com/home
myBridgeは、LINE社が提供する名刺管理アプリです。カメラで撮影した名刺をデータ化するのは、一般の名刺管理ツールと同様です。しかし、文字認識技術だけではなく、オペレーターの手入力でデータ化するため、より正確な記録が可能です。また、LINEアプリのトークで名刺の共有も可能です。グループで名刺を共有することで、ビジネスに活用できます。

パスワード管理のアプリ

1Password

       ビジネス おすすめ アプリ

https://1password.com/jp/
1Passwordを使うと、複雑に設定したパスワードを管理することができます。マスターパスワードという1つのパスワードを管理するだけで、パスワードを設定した、さまざまなサイトにログインできます。

アプリにパスワードを生成させることも可能ですので、自分で設定する手間を省けます。セキュリティ管理は重要なため、1Passwordは重宝するでしょう。

情報収集に役立つアプリ

NewsPicks

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/newspicks-ニューズピックス/id640956497
経済関連の情報収集ならば、NewsPicksが便利です。90か国以上の国から、さまざまなニュースを集め、厳選した経済ニュースが掲載されますので、ビジネスパーソンに有益な情報の収集が可能です。有料購読にすると、オリジナルコンテンツが閲覧できるため、さらに幅広い情報収集が可能です。

日本経済新聞 電子版

       ビジネス おすすめ アプリ

https://pr.nikkei.com/nikkei_app/
日本経済新聞の電子版アプリでは、紙面のおよそ3倍もの記事を読むことができます。また、記事は日付や掲載媒体、地域、業種で検索が可能です。自分の好みに合った記事をピックアップできる機能もあります。個人向けの購読プランは、最初の1ヶ月が無料で、翌月からは月額4,277円で記事が読み放題となります。無料会員は、有料会員限定記事を月10本まで閲覧できます。

Pocket

       ビジネス おすすめ アプリ

https://getpocket.com/
Pocketは、Web上の記事を1箇所に保存して、後でまとめて読む際に便利なビジネスアプリです。オンラインブックマークサービスとして、記事や動画をブックマークすることができます。使い方は保存したい記事や動画のURLをコピーして、アプリに登録するだけです。

登録すると、オフラインでも記事を読むことができて、動画の視聴も可能です。朝に気になる記事を登録して、休憩時間に読むなどして時間を上手に使えるアプリです。

打ち合わせの録音に使えるアプリ

ボイスレコーダー - 高音質ボイスメモ&録音

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/ボイスレコーダー-高音質ボイスメモ-録音/id779128258
ボイスレコーダー - 高音質ボイスメモ&録音は、簡単な操作でスムーズに録音ができます。録音したデータをLINEに送信することや、クラウド上で保存することも可能です。再生スピードの調節も可能ですので、聞き返す際にも便利です。

PCM録音

       ビジネス おすすめ アプリ

https://apps.apple.com/jp/app/pcm録音-ボイスレコーダー/id439572045
PCM録音は、録音したデータに名前をつけて保存し、早送りや巻き戻し再生ができるなど、機能が豊富です。録音データのトリミングもできますので、重要な部分だけを保存することもできます。また、メールやiTunesへの転送も可能です。録音データの共有も簡単に行えます。

まとめ

ビジネスアプリを活用することで、効率的に業務を行うことが可能でしょう。さまざまなビジネスアプリがありますので、この記事を参考に必要なアプリを試してみてください。ビジネス関係の情報収集にも役立つことでしょう。

転職などの情報収集には、プロのアドバイスを利用することもおすすめです。マンパワーグループの CAREECRE(キャリクル)では、幅広い職種や業種の求人を豊富に保有しており、専任コンサルタントがしっかりサポートします。転職をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。CAREECRE(キャリクル)の無料相談はこちらから

関連記事

チームビルディング とは

チームビルディングの意味や目的について 得られる効果や種類と実践方法についても解説

イライラ 解消

イライラ解消法5選 イライラを解消する栄養素・グッズ紹介

ポジティブになるには

ポジティブになるには?日常生活や仕事、転職の場面で考えてみよう