40代の転職事情とは?
転職成功のための事前準備や失敗パターンも解説

40代 転職

40代になって転職したいと思っても、「40代の転職は厳しい」というイメージをもつ方もいるのではないでしょうか。この記事では、40代で転職する方のために、40代の転職の現状や企業から求められること、失敗しないための注意点を解説します。転職のための事前準備や成功のコツもご紹介しているので、スムーズな転職活動を行うために、ぜひ活かしてください。

40代の転職事情とは?転職は難しいのか?

20代や30代と比べると、40代の転職は難しいといわれますが、40代で転職に成功している人も多くいます。転職を成功させるには、企業が40代の求職者に何を求めているのかを把握することがポイントになります。

「年齢が高いからと転職が難しい」という固定概念から積極的になれなかったり、家事や育児などにまだ時間を取られるため、ワークライフバランスが取りにくい年代であるのも、40代の転職を難しくしている原因のひとつです。しかし、これらの原因を踏まえて転職活動を行えば、40代の転職は決して無理なことではありません。

未経験の業界への転職は可能か?

20代、30代に比べると、求人数は少なくなります。専門性の高い技術職などへの転職は難しいでしょう。20代30代からスキルに磨きをかけ、40代では管理職となっているため、そのなかで長い準備期間をかけ、専門職になることは難しいからです。 しかし、前職での高い専門技術や管理職経験やポータブルスキルなど、社会経験をアピールできれば、異業種であっても採用される可能性は高くなります。

40代の転職者に企業が求めているもの

40代の転職では、企業から何を求められているのかを把握することが重要です。ここでは、40代の転職者に企業が求めているものを解説します。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、人や時間を適切に管理する能力です。長年の業務経験をもつ40代には、イレギュラーにも冷静に対処する判断力や、若い世代を牽引するリーダーシップが求められます。40代は管理職の募集が多いのも、企業が求職者にマネジメントスキルを求めていることの現れといえるでしょう。

専門知識や専門スキル

40代の転職者は、今までの業務経験から得た専門的な知識やスキルが見込まれています。新卒や若手と違い、教育や技術習得のための手間を省けることが企業側のメリットのひとつです。資格や技術ありきの業種はもちろん、営業職などでも、これまでに得た知識やスキルを即戦力として期待されています。

高いコミュニケーション能力

業務を進めるうえでは、仕事に対する知識や能力だけでなく、コミュニケーション能力も必要になります。特に40代は、若い世代に対してリーダーシップを発揮できるだけでなく、上司やクライアントなどの間を取りもつ役割も求められます。部署や顧客間での緩衝材としての役割を果たす、高いコミュニケーション能力も40代に求められるもののひとつです。

40代が転職に失敗してしまうパターン

転職活動前におさえておきたい、40代が転職に失敗してしまうパターンを4つ解説します。

自分の市場価値や自己評価ができていない

自分の価値を過小評価、あるいは過大評価している人に多いパターンです。転職市場における自分の価値や、自分に求められている能力が、正しく見極められていないことが原因です。理想と現実にギャップが生まれると、転職失敗につながってしまいます。自分の経験やスキルは具体的に棚卸しする、応募先企業や転職市場の調査は慎重に行うことが重要です。

業種や年収などの条件を絞りすぎる

前職よりも年収が高いところしか受けたくない、または、自分ができる仕事は限られているなどの固定観念が邪魔をしているパターンです。これは、業種や年収などの希望条件を絞りすぎていることが考えられます。応募できる求人の幅を自分で狭めてしまっていることになるため、条件の幅を少し広げるようにすれば、転職に成功できる可能性が高くなります。

プライドが邪魔をしてしまう

これまでの自分の業績や経歴、肩書などにフォーカスしてしまっているパターンです。過去の経歴や肩書が華やかなものであっても、それに固執しすぎると壁にぶつかるかもしれません。たとえ年下でも、自分より長くその企業で勤めていることには敬意をもち、心新たに活躍することをアピールしましょう。

ただし、自信をもって転職活動に臨むのはよいことです。プライドと自信は違うものであることを踏まえたうえで、転職活動に臨みましょう。

転職が完了する前に現職を辞めてしまう

早く転職したいと焦る気持ちや、すぐに次の仕事が見つかるだろうという気持ちから、転職が完了する前に現職を辞めてしまうのはやめましょう。40代の転職活動は、若い世代に比べると長期化する可能性が高く、その間は無収入となってしまいます。気持ちにも金銭面にも余裕をもつためにも、今の仕事は続けながら転職活動をしましょう。

40代で転職を成功させるための事前準備や心構え

ここでは、転職の成功につなげるための、事前準備や心構えを解説します。転職活動に入る前の参考にしてください。

転職の理由やその後のビジョンを明確にする

なんとなく転職したい、といった曖昧な理由ではなく、転職の理由やビジョンをはっきりさせておくことが重要です。転職活動の理由や、転職した後のビジョンを明確にもつことで、迷いがなくなります。また、面接でも、転職理由を具体的かつ前向きに伝えられるようになります。

自己分析とスキルの棚卸し

自分の能力やスキルを把握することで、転職の計画も立てやすくなります。また、面接の際にどうやってアピールしたらよいかも、イメージできるようになります。棚卸しの方法としては、業務に携わった期間、顧客層、プロジェクトの内容や目的などを、具体的に書きだすやり方があります。向上心や協調性といった性格面を整理してもよいでしょう。

応募先の業界や企業を研究する

業界や企業がなぜ40代を求めるかの理由を知るために、応募先の業界や企業の情報を集めておきましょう。業界や企業研究によって情報を得ると、何が求められているのかを把握できます。「思っていた職場と違っていた」といった、転職後のミスマッチも防げるでしょう。企業の公式サイトやプレスリリースを見ると、企業理念や経営戦略などを知ることができます。

転職のプロのアドバイスを受ける

転職のプロである、転職エージェントを活用することで、よりスピーディで適切な求人探しができるようになります。転職エージェントでは、一般には公開されていない非公開求人や業界の最新情報を取り扱っています。転職活動の基本である、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策について、具体的なアドバイスをもらえるといったメリットもあります。

40代だからこそできる転職活動方法

40代には、これまでの業務経験で培ったスキルや人脈、役職があります。これらを活かして、紹介やヘッドハンティングを狙えるのは、20代30代にはあまりできないことです。人材紹介会社への登録や相談だけでなく、自分から知り合いや縁故関係に声をかけて、転職につなげる方法もあります。

専門性の高いスキルや経験、実績をもっている場合は、知人や取引先といった同じ業界の関係者から声をかけられたり、紹介を受けたりする可能性もあるでしょう。

40代の転職で狙うべき企業・業界

40代の転職には、ベンチャー企業や中小企業、地場企業などがおすすめです。できたばかりの新しい企業や、人手不足で教育まで手を回せない企業は、即戦力として活躍できる40代のニーズが高い傾向にあります。

企業によっては、上司が自分よりも年下だったり、管理者ではなく、実務者として採用される可能性もありますが、そういった企業では、年功序列の関係がないため、自分の実力を充分に発揮できるといったメリットが得られるでしょう。

まとめ

40代の転職は難しいイメージがありますが、自分の市場価値や企業情報の分析、条件の見直しといった準備や心構えをすることで、成功する可能性は十分にあります。よりよい転職先と出会うためには、客観的な自己評価や詳細なスキルの棚卸しが大切です。

マンパワーグループの転職サイトCAREECRE(キャリクル)では、専任コンサルタントがマンツーマンで、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策について、サポートします。有名企業や優良企業とリレーションシップがあり、幅広い職種や業種の求人を扱っているので、ぜひご登録をご検討ください。

CAREECRE(キャリクル)へのご登録はこちら

関連記事

仕事 振り方

上手な仕事の振り方とは?振る際のポイントや仕事ができる上司の特徴を解説

ミドル 転職

ミドルの転職事情とは?転職市場での需要や企業が求める人材像も解説

部長 役割

部長の主な役割とは?課長との違いや必要なスキルをご紹介